読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

∞ like と dislike ∞

オバちゃんeighterのつぶやき

TV ジャム dislike
今回の関ジャムはスキマスイッチさんと水野さんでしたね。
全力少年、大好きでした。

トークの方はイントロの話でしたが、期待してた感じではなかったかな、というのが正直な所。
長いイントロを黙って聴いてるってのが違和感あって、ザキヤマさんが隙間を埋めようとしてたのが空回ってて。
イントロ前5秒は要らなかったね。3秒で充分。そこですでにダレ始めてしまった感。
色々説明して、それを踏まえてもう一度、てのもなんかちょっと、ね。

演奏の方は素晴らしかったです。二回聴いて二回ともトリハダ立ちました。
亮ちゃんの下ハモ良かったねぇ。
確かに難しそうだった。薄っすら怪しい所もあったけど、上手く離してたね。(笑)
ヤスくんが上ハモに入った時も、ちゃんと映してほしかったなぁ。

奏、すごい良い曲だと思うし、大好きなんだけど、一ヶ所歌詞が気になるんですよ。
『君が僕の前に現れた日から なにもかもが違く見えたんだ』
『違く』ってのは、最近使いはじめた言い方ですよね。昔からの正しい日本語ではない、気がします。
なので、ここにくると違和感を感じるのです。
『君が僕の前に現れた日から なにもかもが違って見えたんだ』
ではダメだったんでしょうかね。

もう一曲同様に、すごい良い曲で大好きなんだけど歌詞が一ヶ所気になるのがAIさんの『Story』。
『どんなに強がっても ため息くらいする時もある』
ため息は『する』のではなく『吐く(つく)』んだと思うんですよね。

どちらの曲も名曲なのに、私の中で名曲認定が出来ずにいます。
まあ、スキマスイッチさんにしてもAIさんにしても、お前の認定なんざ要らねーよって言われるのがオチですけどね。(笑)