∞ like と dislike ∞

オバちゃんeighterのつぶやき

ジャムコンを観て考えた。

ジャムコンが終わって、しばらくモヤモヤしていたものが、色々考えて段々明確になってきました。

バンドメインのコンサートを望んでいたはずだったのに、今回のコンサートが終わって、なんとなく物足りなさを感じてしまったのはどうしてだったのだろうか?


バンドで興味を持ってくれた人と、アイドル関ジャニ∞のファンの両方に満足してもらおうと考えたのであろう今回のコンサート。

私はアイドルの関ジャニ∞ももちろん好きだけど、バンドをやってる彼らがとても好きで。

ちゃんと演奏する彼らも観たかったし、ちゃんと踊ってる彼らも観たかった。

でもその両方を足しても、彼らの魅力の半分にしかならないと今回改めて感じたというか。

なぜ関ジャニ∞が好きなのか?
前回のエイタメコンの満足感が異常に高かったのは何故なのか?
前回と今回の違い。音楽要素+アイドル要素、+。


今回は、エイトレンジャー的な笑いの要素がありませんでした。

カッコいい関ジャニ∞を打ちだそうとしたのか、あるいは時間の関係だったのか。
笑える部分が全く無かった訳ではないけれど、バンド中にふざけ始めた時『俺たちはコミックバンドじゃないんだから』とすばるが押さえようとしていたけど、その時私はとても楽しくて、そのままおふざけを続けて欲しいと思ってました。

まあ、いずれ誰かが止めなければならない状況にはなっただろうけど。

そして、バンドとダンスがメインになると、ヨコの存在感が薄れてしまうのもわたし的には寂しいのかもしれません。
ヨコのトランペットが飛躍的に上手になっていて、バンドの中のヨコの存在はとても大きくなっているんだけど、ヨコが主導で話を振って、それを受けたメンバーが面白く話を広げてく、あのライブ感が好きなんですね。きっと。

メンバーの事をわかっているから、良いところを引き出してくれるし、ファンの目線で考えてくれるから、ファンの喜ぶ、ファンが欲しているものを見せてくれる。

今回はMCもいつもより短かったんじゃないのかな。

バンドが好きなファンが居て。
バンドで興味を持って来てくれた人も居て。
アイドルが好きで応援してくれている人も居て。
もしかしたらそういう中で、お笑い要素は来てくれるお客さんへのサービス的な要素であって、そこを楽しみにしてもらっている訳じゃない、ていう括りなのかもしれないけど、バンド+アイドル、そして面白いにーちゃん達(お笑い要素)+一生懸命さ(勇気と元気)が全部合わさって、最強の関ジャニ∞の魅力が生まれたと思ってます。

私は以前、すばるのソロが聴きたいと熱望していました。
そしてすばるのソロコンに行った後思ったのは、すばるの後ろに居るのは関ジャニ∞じゃなければ楽しくない、でした。
本当は後ろじゃなくて横に居て欲しいし、ハモるのは関ジャニ∞メンバーじゃなきゃ嫌だし、ギターのソロが上手くても、サックスやトランペットが上手でも、一緒に演奏するのは関ジャニ∞じゃなければ、とつくづく思いました。

その時と一緒でちょっと自分でも笑ってしまいますが、観たいと、聴きたいと、思っていたものは、違ったんだな、て。
彼らの一部分が観たい、のではなくて、彼らの色んな部分をたくさん観たい、のかな。
人間として魅力的な彼らの一部始終をずっと観ていたい。
きっと私の中で関ジャニ∞はそういう存在なんだと思います。


そしてヨコには、もしかしたら自分の企画はもう関ジャニ∞に必要ないと思っているかもしれないけれど、楽しみにしている人が少なからず居ると思うから、時々で良いから、彼らのプロデュースを続けて欲しいな、と思ってます。

安田くん

千穐楽が終わったら、webをイレギュラーで更新してくれると書いていたので、心待ちにしていました。
俺節を観てから安田くんにとても引き込まれてしまって、今まで安田くんに惹かれることは多分無いだろうなって思っていたのに、その後のTV番組などで観ると安田くんばかり追っている自分に気づいて変な感じがしました。
歌番組でも安田くんの声にばかり耳が行って、安田くんの姿や表情に笑顔になって、どうしちゃったんだろうって思ってました。
今日レンジャーが更新されてて、読んだらなんだか理由がわかったような気がしました。

座長なのに、キャストさんやスタッフさんと、セッティングされた懇親会と中打ちと打ち上げ以外のご飯やおしゃべりをしなかったと。しかも稽古に入る前から禁酒を続けていたと。
都度都度で焼肉に連れて行ってたという横山さんの話を聞いた後だし、そんな事ある?て思っちゃったけど、それだけ真剣でギリギリで余裕が無くて、どんどん体重も減って劇中だけでなく見た目までコージになってる状態の安田くんを、俺節カンパニーの人たちが優しく見守ってくれてて、その気持ちを心から嬉しく幸せに感じてた事、それをできる限り自分の言葉でさらけ出して伝えようとしてくれる事。

コージの歌に心を掴まれたように、安田くんに心を掴まれたのかもしれません。
関ジャニ∞に惹かれたのは、見た目とか歌とかじゃなく、真剣な気持ち、頑張ってる姿。
結局そういう所に魅力を感じて、惹きつけられるって事なんでしょうね。
カッコよくて面白い彼らがやるからってのはプラスαとしてもちろんあるけど。

この下地があったから?Never Say Naverがすごい魅力的で、JAM LADYは更によくて。
亮ちゃんのTrafficも凄く良いんだけど、先に進めない。。。

魅力的なオトコ達が7人も居るって、良いですね。



Never Say Never

初めのギター部分で、エンドロールが始まる所が浮かんできます。
間奏のギターも、エンドロールが流れ続けている所が目に浮かびます。
エンドロールで流れる情景を想定して作ったんだろうな、とすぐに思いました。

ワイドショーとかで流れた部分はちょっとPOPで不安定な感じでしたが、全体を通して聞いてみるととてもロックな曲でした。
サビ部分だけ聞いた時に感じた不安定さは、間奏のゴリゴリなギターと細かい転調の繰り返しの中で全く感じなくなり、安定した足元の上で、心地よく聴ける曲としての極限まで、音とリズムを攻めてる感じがすごく安田くんらしく、とても良い曲になっていて、これを沢山の人が見るであろう映画で流して貰えるんだ、と思うと胸が熱くなりました。

スパイダーマンのファンからは、なんで関ジャニのメンバーが作った曲なんて使うんだとか、どうせ吹き替えなんて見ないから関係ないとか、辛口の意見や心折れる意見も目にしていたので、実際フルで聴く前は、どんな曲に仕上がっているのか?映画ファンにはどう捉えられるのか?正直心配でした。

でも実際聴いてみたら、そんな心配は吹き飛びました。
沢山の人に聴いてほしい!

私も洋画は字幕派ですが、安田くんの曲が主題歌として使われると聞き、本当は字幕で見たいところだけど吹き替えで見ようと決心しました。
洋画を字幕で見る人はこだわって見ているはずなので、吹き替えでは恐らく見ないと思いますが、そこを敢えて吹き替えでも見て欲しい!
関ジャニ安田が作った曲ってどんな感じよ?という興味本位で構わないので聴いてほしい。
音に拘りのある人なら、きっと引っかかるはずです。

関ジャニ∞スパイダーマン映画のアンバサダーだからと自動的に主題歌が決まった訳ではなく、コンペで決まったという話もラジオで聞きました。
アンバサダーに決まった発表から主題歌が決まった発表までのタイムラグが、何か変な感じだったんですよね。
なぜ一緒に発表しなかったのかな?と。作詞作曲をメンバーがしてるにも拘らず。

コンペで決まった話を聞いて腑に落ちました。

JAM LADYと共に、安田くんには心掴まれました。

少クラプレミアムとMステで歌ってくれましたね。
初めに聴いた時より大分、好印象な感触です。

この曲、サビのところ、ファ(F)から始まるからあんまり気にならないかもだけど、ド(C)から始めると♪ドレミファソラシドレドシラソファミレ〜♪って、ただの音階になってるんですよね。
それが初めに気になって、手抜きなのか?とまで思ったくらいだけど、この単純な音階をキャッチーなフレーズにしているのが逆にすごいと思ってきました。
単純だからこそ耳に残るヤツ。でもそれをつまらなく感じさせないテクニックが凄いんだろうな。

初めに聴いた時に、実際手を抜いたわけじゃ無いんだよなって思ったのは、最後のところの♪今、今、今、ほら、今、今、今〜♪ってところが良かったから。
ここを普通に♪今、今、今〜♪で最後が終わってたら、つまらない曲になってた気がします。
♪ほら、今、今〜♪のフレーズが付いただけで『あっ!』てなった、ていう単純さ。
星野さんさすが!って感じですかね。

SUNも、全体的にセンス良くてカッコはいいんだけど、途中にある♪あ〜あ、あ〜あ、あ〜あ〜ああああ♪ってとこで、おぉ!?てなったんですよね。
この、星野さんの曲の途中にチョイチョイ入れてくるフレーズに、良い意味で引っかかります。

ハモりも安田くんがしてたけど、全然聞こえないのね。
わざとマイク絞ってあるのかな〜?
悪くは無い。むしろ好きかも。
でもなんだか勿体無い気がするんだよな。
せっかくメトロックで興味を持ってくれた人とかがこれをどう見るかなぁとかね。
まあそれも織り込み済みなのかもしれませんが。


俺節

熱い舞台でした。

安田くんは全く違和感なくコージでした。

出演者全てに違和感なく丸ごと一つの作品でした。

3時間半、長いと思ったけど全然。特に後半、2時間以上あったはずなのに、え?もう終わり?と思いました。

感動したとかそういう感じではなく、自然に涙が出て来ました。

初めは痩せてやつれた様子の安田くんを見て大丈夫かな?と思ったけど、カテコの時にみんなで楽しそうに歌ってたり、終演案内のあとにまた幕が上がった時や、幕が降りる時にしゃがんで手を振ってくれたりする時の笑顔の安田くんを見て、ああ、良かったなとホッとしました。

まだ先は長いけど、きっと大丈夫だね。

終わった後の達成感を楽しみに。最後まで頑張って!

怒涛の解禁

色々ジャムの曲を解禁してくれてますね。

『今』って、新曲扱いなの?
3月にはもう歌えるとこまで出来上がってたんだね。
やっぱ色々動きは早いんだな〜。
 
聴ける曲はひと通り聴いてみましたが、ハモり曲が少ない感じでしたね。
ニゾンとか交互にソロっぽく唄うのは最近珍しいのでは?
ハモり好きな私としては若干物足りない感を感じましたが、アルバムになって聴いたらまた変わるんだろうか?
 
えげつない、は、モロ岡崎体育さんでしたが、昔のディスコミュージックっぽく?テンポ良くて、歌詞も面白そうでした。
青春のすべて、も、モロいきものがかりでしたが(笑)曲は好きです。でもeightには合わない気がするんだよな。
eightには、ていうか、入りのところ、2人でユニゾンで声張ってるのがうるさく聞こえちゃう。
ここソロで唄えば良いのにな。亮ちゃんが唄うならすごく合うと思う。
DONAI、もテンポ良くて良いっすね。好きです。
夢への帰り道は、これもeightには合わないかなぁ。。。
こっちは前半すばるくんに唄ってほしい感じかな。
今、もユニゾンなんだなぁ。
ハモれそうだし、他の所でハモってるかもだけど、ダンス含めて所謂ジャニっぽい感じもなんだか勿体無い気が。
後は安田くんの曲をもっとちゃんと聴きたくて、ユニコーンのはどんななのか?ですね。
アルバムの発売が楽しみです。
 
追記
『今』のミュージッククリップ、インフィニティのページで見れますね。
 

ジレッタ

蜘蛛女も俺節も始まりましたが、このタイミングでジレッタを観てまいりました。

これは、本当に凄かったです。

 

実はジレッタのチケットはFCで当たらなかったのですが、俺節が当たったので諦めるつもりで居ました。

でも、妄想歌謡劇がミュージカルのように歌って踊ると聞いて、どうしても観たくなり、プレイガイドの方で何とか手に入れることが出来ました。

 

前知識はワイドショーだけという状態で臨みました。

わかりにくいのかなと思ってたのですが、全然そんな事も無く。

分かりやすくて面白くて、それでいて別世界に引き込まれるような2時間半、あっという間でした。

 

手塚治虫の漫画はブラックジャックを大方読んでいて、風刺の効いた世界観は比較的馴染みやすかったけれど、会場で売ってた単行本を購入して帰ってきてから読んだら、観てた以上に結構なエロの世界で、本と劇がほとんど同じように描かれていただけに、こんな内容だったんだ?これどういう表現だったっけ?と後から思うところがいくつかありました。

 

これだけのボリュームを2時間半に本の通りに纏められたのは、やっぱり歌の力が大きかったんだなと改めて思いました。

初っ端からヨコがこんなに唄ってる!と驚き、その声量に驚き、その堂々とした唄い方に本当にビックリでした。

練習したって言ってたものね。ヨコはきっと歌う事に自信が付いただろうな。

後半は流石に疲れたのか、少し音がブレ始めはしたけれど、これを観れた(聴けた)だけでも来て良かったと思いましたが、演技もビジュアルも本当によくて。

 

中川翔子さんは唄声が素晴らしいですね。

歌手という設定もあり、歌う場面が多かったですが、歌う度に凄いと思って観てました。

醜女になった所もコミカルで面白かった。

刈谷ユイカさんは凄く綺麗!

ヨコと並ぶと美男美女で本当に見惚れてしまいました。

竹中直人さんは自然に面白くて、これだけ歌で作り込まれている中にアドリブ入れてきて流石。

他の皆さんも素晴らしかったですが、ヨコと違って舞台慣れしているな、と思ったのは、目線かな?と思いました。

 

私は二階の正面席で、遮られるものが何もなくとても良く見えたのですが、ヨコは目線が常に下で、前髪が長い事もあり表情が見えなくて。

でも、他の人の表情は見えるんです。

他の演者の方達が、特に上を見ているという感じがするわけではないのに、表情がちゃんと読み取れる。

あ〜、これが演劇をやってる人とそうでない人の差なのかなぁ、と。

 

表情こそよく見えませんでしたが、動きやダンスは堪能させて頂きました。

ブルームーンよりジレッタの方がクールでカッコよくて素敵で、断然私好みでした。

ステージの上で佇んでいる事や、ソファに座ってる事も多く、素敵な立ち姿や麗しい指先などもじっくり観ることが出来ました。

 

間に20分も休憩が入るような長丁場だったのに、スピード感溢れる劇で、もっと観ていたかった。本当にあっという間。

最後ステージ上は圧巻でした。最後だけじゃなく、全体通して舞台装置?演出?が凄い。

ただ、ちょっと目を離した隙に、ヨコが上段から下へ動いていたところが、どうやって移動したのか?転がり落ちたのか?観てなくて気になってます。(笑)

 

ヨコがジレッタの主演が出来て、それを観る事が出来て、本当に良かったです。